ホームページの作成にはWordPressの活用がおすすめです。なぜならHTML/CSS・PHPなどのマークアップ言語・プログラミングコードを打ち込んでゼロから作成する手間が省けるからです。WordPressを利用することでホームページを開設したことがない人でも簡単にホームページを作成できます。

WordPressを活用すると、初めからクオリティの高いホームページを作成できます。今回は個人・会社向けにどういった施策や準備を行えば良いのかを、一つずつ解説してきます。

最終的には30分でWordPressを開設できる様になっていると思いますので、ぜひ当記事を読んで導入していただけたらと思います。

ホームページ作成の準備

ホームページ

WordPressを活用してホームページを開設する前に、まずはホームページの作成準備を行っていきましょう。

簡単に下記の様な流れで準備を行っていきます。

  1. サイトのコンセプト・用途を設定する
  2. コンテンツ(文章・画像)の用意
  3. ドメインを取得する
  4. レンタルサーバーを準備する
  5. WordPressのインストール後、テーマを利用する
  6. コンテンツを挿入する
  7. SEO対策を行う

ホームページ制作の流れは主に7つになります。WordPressを活用することでサイトを表示させるためのコードファイルを用意する手間を省くことができます。

WordPressの様なCMSを活用することはホームページ作成の近道になるのです。では次にホームページ作成の流れを1つずつ詳しく解説していきます。

1.サイトのコンセプト・用途を設定する

サイトのターゲットや目的を決めていきましょう。コンセプトを決めるのにおすすめの方法手順をまとめます。

  • ターゲット‥どんな人にサイトを見てもらうのかを具体的に決めていきましょう。
  • 用途「記事を投稿するメディア」なのか、「サービス・商品を販売したい」のか、はたまた「コーポレートサイト」なのかをはっきりさせましょう。作成途中で用途が変わってしまうことがあると、完成まで遅れてしまう可能性があるので注意しましょう。
  • 目的「自社の商品やサービスを知ってもらうためのサイト」、もしくは「会社を知ってもらうサイト」なのかを決めていきましょう。個人の場合はメディアなのかポートフォリオなどの制作物を作成するサイトかを決めていきましょう。

2.コンテンツ(文章・画像)の準備

事前に文章や画像を用意しておきましょう。文章と画像はページごとで内容が変わると思いますので、トップページ用・下層ページ用(お問い合わせや採用情報)などといった様にファイルで分けながら作成していくことをおすすめします。

また、ただ単に文章を書き連ねたものをサイトに表示させると、サイト訪問者にとって読みにくいサイトになってしまうため、文字の配色や太さ・大きさを設定しておくと後々の作業が楽になります。

画像については容量を見ることが大切です。例えば1枚の画像の容量が1MB以上ですとサイトの読み込みが遅くなってしまい、サイトの評価に悪い影響を及ぼす可能性があります。

そのため画像は容量を軽量化しておきましょう。どうしても画像が5MBなど大きい場合は画像圧縮サービスの利用をおすすめします。

おすすめの画像圧縮サービスはこちら

 

3.ドメインを取得する

サイトを表示させるために必要なモノの一つがドメインです。ドメインは.comや.jpなどのURLを指します。

このドメインはインターネット上の世界で一つだけの名前です。大体予算は年間数千円のみで済みます。会社などの場合は.co.jpや.jpを利用している会社が多いです。

ドメインはドメイン取得サービスを利用することで取得できます。国内で有名なサービスはお名前.comムームードメインです。

ドメイン名は商品・サービス名や会社名にすることがおすすめです。個人の場合は簡単でシンプルな名前がおすすめです。

ドメイン名は世界で1つしかありませんので、先着順です。今後を見据えたドメイン名を決めていきましょう。

4.レンタルサーバーを用意する

次にレンタルサーバーを用意する必要があります。要はサイトを表示させるためのデータを管理するために必要です。

サーバーは機械などを購入して取得する方法もありますが、費用が高いのとセキュリティや更新メンテナンスに時間を要するため、ほとんどの人はレンタルサーバー会社で契約します。

レンタルサーバー会社のおすすめはさくらのレンタルサーバーロリポップエックスサーバーの3つになります。

それぞれの違いはサーバーの速度やプラン・サービス内容によって変わってきます。

予算と合わせて欲しいサービスがある会社と契約するのがおすすめです。

レンタルサーバーについての詳しい記事もありますので、ぜひお読みください!

あわせて読みたい⇨ホームページ作成におすすめのレンタルサーバー3選

5.WordPressのインストール、その後テーマを利用する

レンタルサーバーの取得まで準備が終わりましたら、次にWordPressをインストールしていきます。

WordPressのインストールは上で挙げた様なレンタルサーバーサービスで行うことができます。

中でもロリポップは30秒でWordPressを立ち上げることができるので、おすすめです。

WordPressをインストールすると、ホームページを作成する上で様々な機能を使うことが可能となり、中でもWordPressのデザインテーマ機能は例えコードを書けなくてもクオリティの高いデザインを設定することができる優れものです。

また、ほとんどがスマートフォン対応しているので、レスポンシブデザインがあらかじめついているのも魅力的です。

テーマ自体は無料と有料がありますが、無料でも十分サイトを公開できるクオリティですので、初めてWordPressでサイトを作成する方は無料の利用を推奨します。

6.WordPressにコンテンツを挿入する

あらかじめ用意していた文章・画像をWordPressに挿入していきます。

文章や画像はどちらもWordPressの管理画面で設定が行えるので、とても簡単です。

文章に関しては管理画面で大きさや色・太さを設定できますし、画像に関しては見やすい大きさに変更できます。

もちろんグラフや図なども設定することができるので、必要な場合は設定してみましょう。

7.SEO対策(検索エンジン最適化)を行う

SEO対策はSearch Engine Optimizationの略で、日本語で検索エンジン最適化とも言われています。このSEO対策ではGoogleやYahoo!などで検索を行う際に最適に表示させるための対策のことを指します。

SEO対策をすれば、ターゲットとしているユーザーが検索した際にサイトに辿り着くことができます。ここはサイトへの入り口の設定・集客の準備を行うために重要ですので、ここの作業は怠らない様にしましょう。

またWordPressにはプラグインという、スマホで言うとアプリケーションの様なものがあります。プラグインにはSEO対策に特化したプラグインがありますので、利用することをおすすめします。

有名なSEO対策プラグインとしては、Yoast SEOAll in One SEO Packなどがあります。

コーポレートサイト編|サイトの作成方法

Company WordPress

ここまでで、ホームページを作成するための流れや必要な準備が理解できたと思います。

次からは以下の2つに分けて、サイトを構築する方法を具体的に解説していきます。

  • コーポレートサイト向け|WordPressを活用したサイト構築方法
  • 個人向け|WordPressでブログを投稿する方法

ここではコーポレートサイト編としてサイトを構築する方法について、画像付きで詳しく解説していきます。

コーポレートサイト の作成手順は以下になります。今回は簡単にサイトを公開できる手順を採用しました。

  1. テーマを新規追加する
  2. テーマを有効にする
  3. プラグインのダウンロード

ではさっそく解説していきます。

1.テーマを新規追加する

WordPress テーマを新規追加する

左メニューの外観⇨テーマのボタンをクリックしてください。

すると、赤い枠で囲っている新規追加ボタンがありますので、クリックしましょう。

WordPress テーマを新規追加する

新規追加ボタンを押すと、WordPressのテーマがリスト表示されていることがわかります。今回は数あるテーマの中でもTwenty Nineteenを追加していきましょう。まずはTwenty Nineteenをインストールしましょう。

2.テーマを有効にする

WordPress テーマを新規追加する

Twenty Nineteenをインストール後、有効化ボタンが表示されますので、ボタンをクリックしましょう。これにてテーマの追加が完了します。

テーマの追加が完了した後は固定ページや投稿ページであらかじめ用意していた文章や画像を挿入していきましょう。

またサイト全体のデザインについては外観⇨カスタマイズから設定可能になります。

3.プラグインのダウンロード

WordPress プラグインの新規追加

次に左メニューにあるプラグインをクリック後、赤枠の新規追加ボタンをクリックしてください。

WordPress プラグインの新規追加

するとプラグイン一覧が表示されます。今回はSEO対策が可能となるYoast SEOをダウンロードしていきましょう。

まず右上の赤枠の部分でキーワードを入力していきましょう。キーワードは「Yoast SEO」です。

Yoast SEO

キーワードを入力すると、左上にYoast SEOが表示されますので、「今すぐインストール」を押しましょう。

その後有効化を押せば、Yoast SEOにてサイトのSEO対策が可能になります。

ここでいくつかおすすめのプラグインをまとめておきます。

  • Contact Form7‥お問い合わせフォームのプラグイン
  • Pixabay Images‥無料のフリー素材の写真を管理画面で利用可能
  • Really Simple SSL‥サイトを設定なしでSSL対応する。(※レンタルサーバーでの設定が先に必要)
  • SiteGuard WP Plugin‥セキュリティを向上させるプラグイン。様々な設定が可能。
  • Table of Contents Plus‥記事に目次をつけることが可能。

コーポレートが大規模の場合

コーポレートサイトの規模が大きい場合や、オリジナリティのあるサイトに仕上げたい場合は制作会社に依頼することをおすすめします。

今回紹介している方法は初心者の方でも比較的簡単にサイトを作成する方法なので、クオリティや独自のデザインを求める方には向いていません。ただし、予算を抑えながらなるべくサイトを用意したい方には今回の方法は向いていると思います。

またSignumskyではコーポレートサイトを格安で制作することも承っていますので、お気軽にお問い合わせまたはご依頼フォームまでご連絡ください。

では次に個人向け|WordPressを活用したサイト構築方法を解説していきます。

個人向け|WordPresssでブログを投稿する方法

freelance WordPress

ここでは個人向けにWordPressを利用してブログを解説する方法について解説していきます。

今回は個人の中でもブログをメインで作成したい方が多いと思いますので、ブログを投稿するまでを想定して解説していきます。

ブログを投稿するまでのステップは以下になります。

  1. カテゴリーの設定
  2. パーマリンクの設定
  3. 記事の新規追加
  4. 投稿

では順番に解説していきます。

1.カテゴリーの設定

カテゴリーの設定 WordPress

まずはカテゴリーを追加していきます。カテゴリーとは、ブログがどんな内容の記事かをまとめるために使われます。

カテゴリー追加までのステップは4つです。まずは左メニューにある投稿⇨カテゴリーを選択しましょう。

⓵名前‥サイト上に表示される名前のことです。

⓶スラッグ‥スラッグはURLに適した形式の名前のことを言います。カテゴリーの名前がブログであれば、blogをスラッグ名にするなど、カテゴリーの名前にマッチする様なスラッグにしていきましょう。

⓷親カテゴリー‥カテゴリー自体に階層構造を持たせることができます。ブログの中でもITや食・趣味などがあり、例えばITをカテゴリーに追加する場合は、親カテゴリーをブログにしましょう。こうすることで階層構造を持たせることができ、ユーザーが読みたい記事を見つけやすくなるといったメリットがあります。

⓸新規カテゴリーを追加‥3までのステップが完了したら最後に、「新規カテゴリーを追加」ボタンをクリックしましょう。

では次にパーマリンクの設定に移ります。

2.パーマリンクの設定

パーマリンク WordPress

次にパーマリンクの設定を行なっていきます。まずパーマリンクとは、簡単にわかりやすいURLとして表示され、ユーザーが入力して覚えやすくなるリンクを指します。

これだけだと理解しにくいと思いますので、設定しながら解説を加えていきます。

パーマリンク WordPress

左メニューの設定⇨パーマリンクをクリックしましょう。すると、上の画像の様なページが表示されます。

共通設定を見てみましょう。ここで、記事のURLなどを日付にしたり投稿名にしたり、日付と投稿名を併せたURL構造にすることができます。

ここではあくまでユーザーが見やすく、WordPressを運営する人が覚えやすいリンクにすることが大切ですので、投稿名を選択しましょう。

その後「変更を保存」ボタンをクリックしてください。これにてパーマリンクの設定が完了です。

3.記事の新規追加

WordPress 記事の追加

左メニューの投稿⇨新規追加をクリックしたらすぐに記事の執筆を開始できます。

赤枠の上はタイトルを追加、下は文章や画像を挿入できます。次にメディアを追加していきましょう。上画像にある「メディアを追加」ボタンをクリックしてください。

メディアのアップロード WordPress

ここでローカルに保存してある画像や動画などを記事に追加することができます。また最大アップロードサイズの容量が決められているので動画を挿入する場合は、容量オーバーにならない様に注意しましょう。

記事の追加 WordPress

記事のタイトル・文章が書き終わりましたら、投稿の準備を行いましょう。

上の画像の数字から順番に設定していきます。

1.まず書いた記事のカテゴリーがどこなのかチェックしましょう。もしITというカテゴリーの記事であれば、カテゴリーのITをチェックしましょう。

2.タグを追加していきましょう。タグは記事中でもよく出てきたキーワードを追加すると良いです。タグを設定すると、ユーザーがタグの中から見たい記事を検索するできる様になります。

3.アイキャッチ画像の設定を行いましょう。アイキャッチ画像とは記事のタイトル下に表示される大きい画像のことです。記事の顔ともいえる画像ですので、アイキャッチ画像の選定もよく検討しましょう。

最後に「投稿」ボタンをクリックしたら投稿完了です。

最後に

WordPressのサイト作成はいかがでしたでしょうか。難しいコードを書く必要もなく簡単にサイトを作成できました。

今回の解説ではデザインの設定やより深いカスタマイズまでは触れられていませんので、今後WordPressのデザインやカスタマイズに関する記事も追加していこうと思います。

では、最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事のおすすめです⇨ホームページのアクセス数を解析する方法 | Googleアナリティクス編