レストランや飲食店の公式ホームページを活用することで、新規顧客を集客・獲得する媒体として機能することは、多くの飲食経営者の皆さんが知っていることだと思います。

その一方でホームページが顧客の心に刺さらず、ホームページを立ち上げたままの状態で止まっている飲食店もあるのは事実ではないでしょうか。

「具体的にどうすれば顧客の心に刺さるホームページにすれば良いのでしょうか?」

そこで今回は飲食店のホームページで高い評価を獲得し、新規顧客を獲得するための重要なポイントについてまとめました。

飲食店ホームページ重要ポイント

まず飲食店のホームページで重要となる「デザインの観点」からポイントをご紹介していきます。

1. ホームページのターゲティングを設定する

飲食店 ホームページ マーケティング

ホームページに集客するためのターゲティングを設定することで、特定のニーズを持つ人々に飲食店の良さを伝えることが出来ます。

ターゲティングで重要なのは「セグメンテーション」⇨「ターゲティング」⇨「ポジショニング」の3点になります。

これら3つの分析を行うことで、競合店舗よりも優位にWeb集客を行うことができ、実際にお店を訪れる新規顧客を生み出すことができるようになります。

それぞれ3つは具体的にどういった分析を行うのか、簡潔にまとめました。

    • 「セグメンテーション」‥ターゲットを決めるために顧客を細分化する分析方法。具体的に居住地・年齢・性別・趣味・行動等、特定の固まりに分けて市場を細分化する。
    • 「ターゲティング」‥セグメンテーションで細分化された市場の中で、どこを攻めていくのか対象を決める。ターゲティングを行う際は、飲食店の優位性・強みを生かせる市場であるかどうか見極めることが重要です。
    • 「ポジショニング」‥ターゲティングで攻める顧客層が決定した後、その顧客層に対してどのような価値を提供するのかを決めるのがポジショニングです。競合の飲食店と差別化できるような価値・サービスを提供できるかがポイントになります。

2.オリジナリティあるコンテンツを充実させる

飲食店 ホームページ デザイン

実店舗のホームページを制作する上で重要なことは、他店舗との差別化です。ホームページを活用することで画像や文章、デザインなど独自性のあるものに仕上げることができます。

食べログやぐるなび・ホットペッパーグルメなどの掲載サービスを利用することもできますが、どうしても他店舗との差別化が難しいのは事実です。

そこで活躍するのがホームページです。ホームページに掲載すべきコンテンツは以下の通りです。

  • 飲食店の内装や外装の写真
  • 料理の写真
  • 料理をしているスタッフの写真
  • メニュー、料金情報
  • 営業や告知などのお知らせ情報
  • お店の地図

特に写真はお店の顔ですので、綺麗な写真を掲載することが大切になります。

どうすればターゲットユーザーを興味を引き込むことができるのかを念頭に置き、コンテンツを充実させていきましょう。

参考にしたい飲食店ホームページ | 事例集

実際に参考にしたくなる飲食店ホームページをご紹介していきます。

1.808TOKYO | 和食

808tokyo 飲食店 ホームページ
出典:808TOKYO

東京の六本木・西麻布に位置する和食のお店です。料理の様子日本語ならではの縦書きメニューキャッチコピー等、和食の良さとオリジナリティ溢れるデザインに仕上がっています。

またお店の営業情報予約機能も閲覧・利用することができるため、お店の情報を知りたいユーザーにとっての利便性も高いです。

2.GINA | フレンチ料理

GINA ホームページ フレンチ
出典:GINA

GINAはお箸で食べるフレンチご飯がコンセプトの飲食店です。フレンチの中でもお箸で食べるという部分でまず差別化が図られています。

ファーストビューで綺麗に彩られたフレンチ料理の写真は、訪れるユーザーを引きこみ、お店の特徴を知る大きな要素になります。また、GINAのホームページではアクセス情報がGoogle Mapで掲載されており、実際のメニューなども掲載されています。

写真の品質の高さデザインどれをとっても一級品のホームページではないでしょうか。

3.Ristorante due mamme | イタリア料理

Ristorante due mamme ホームページ イタリアン
出典:Ristorante due mamme

Ristorante due mammeは熊本県菊池市に位置するイタリア料理のお店です。

コース料理が写真と一緒に掲載されている点、お店の内装や外装の写真、アクセス情報、SNS情報など、ユーザーが欲しい情報が1ページで完結されています。

4.帯広居酒屋「よにき」| 串焼き・創作料理

帯広居酒屋 よにき ホームページ
出典:帯広居酒屋 よにき

帯広居酒屋 よにきは北海道帯広市に位置する居酒屋です。旬の食材や料理をファーストビューで見ることができます。

お店の内装写真・質の高い料理の写真・料金や宴会などの情報・お知らせ・SNSなど、こちらもユーザーが求めている情報やコンテンツが非常に充実しています。

評価が高い「飲食店ホームページ」の共通点

今回取り上げた事例を参考にしながら、飲食店ホームページが高い評価を得られるための重要なポイントについてご紹介していきます。

コンセプトが明確

高い評価が得られている飲食店ホームページはデザインはもちろん、自社の強みや料理の特徴などオリジナリティ溢れるコンセプトがあります。

そして各ホームページのコンセプトを表現するキャッチコピーは短めです。

飲食店ホームページを制作する際は、コンセプトをあらかじめ決めておくことがポイントです。

またキャッチコピーはトップページ上部に配置されているお店がほとんどです。文字が際立つように写真の色と文字色を調整していきましょう。

料理・外観・内装の写真が充実

単に料理名や住所の情報だけを掲載しても、サイト訪問者はそのお店のイメージが思い浮かびません。高い評価を得ている飲食店は料理名とともに料理の写真を際立たせています

また写真はターゲット層を前提としたものとなっています。

  • デート
  • ビジネスシーン
  • ファミリー向け
  • お祝いシーン

等、どのような層に向けて発信するのかを考慮した上で写真コンテンツを充実させていきましょう。

その点料理だけでなく、お店の内装や外観を掲載することも大事なポイントになります。

営業時間・アクセス情報の掲載

営業日時やアクセス情報が豊富な点も評価が高い飲食店ホームページの特徴です。

営業時間や地図が掲載されていないと、せっかくサイトを見てお店を訪れようと思っても行動に移せなくなってしまいます。

そのため営業時間・アクセスマップは掲載必須にしましょう。

また、休業のお知らせなどもお店の看板だけに表示するだけでなく、SNSやホームページを通じて発信することが、お店の信用面からみても重要なポイントになりますので、ぜひ発信していきましょう。

飲食店ホームページで集客力を上げたい方へ

飲食店 ホームページ

Signumskyは飲食店舗様に向けて、高い評価を得るためのホームページ制作を代行して承っています。

自社にサイトを運営できる人がいない店舗様他社との差別化をいち早く、低コストで制作依頼したい方はぜひSignumskyをご利用くださいませ。

Signumskyはこちら

お問い合わせはこちら