はじめに

インターネットの普及が多くなった今、ホームページを活用していない企業や店舗は少ないのではないでしょうか?

ですが、ネット社会のスピードは急速に伸び、なかには

  • 「ホームページ がスマートフォンで見えにくい」
  • 「サイトの更新作業が複雑で運用が難しい」
  • 「デザインレイアウトが古い」

と言った理由から、ホームページリニューアルを検討する企業や店舗が増えています。

しかし、リニューアルをする事によって得られる効果は様々ありますが、返って失敗するケースもあります。

そこで、今回はホームページリニューアルを依頼・検討する前に考えておかなければいけないポイントやホームページをリニューアルする方法について解説していきます。

1.リニューアルのメリット

ホームページ リニューアル方法

まず初めに、ホームページをリニューアルすることで、どの様なメリットがあるのかをご紹介していきます。

1.1 企業のイメージアップ効果

ホームページ をリニューアルする事でサイト全体の見栄えが綺麗になるのは当然ですが、デザイン構成を変えるだけでユーザーへの使い勝手の向上を図る事ができます。

また、ホームページのデザインは日々進化し続けているため、最新でのUIUser Interface/ユーザーインタフェース)デザインにすることでユーザーが求めている情報にすぐ到達する事ができ、サイトが非常に好まれる傾向にあります。

動画・アニメーションなどを上手く取り入れ、使い勝手がよく、インパクトのあるホームページデザイン設計を行いましょう。

1.2 サイト内データの整理

ホームページ を開設してから運営している期間が長くなるにつれ、内部に管理されているデータの数はどんどん蓄積していき、中でも、画像・動画・ページ数・リンクの数などが多ければ多くなるほどホームページの構造はより複雑になっていきます。

ホームページをリニューアルする事によって、分かり辛かったページの箇所やサイト全体の表示を軽くするなど、データの隅々を整理する事ができます。

1.3 SEO対策の強化

SEO(検索エンジン最適化)対策では、「Googleで検索した際に、上位表示させる」というものです。ホームページでの閲覧者の増加や減少の理由は主にSEOにあると言えるでしょう。

ホームページのリニューアルでは、「自分のホームページは上手くSEO対策できているのか」を分析する絶好の機会にもなります。

対策できれば更に伸ばすように対策を行い、対策できていなければ、改善点(ユーザー中心のデザイン構築・内部リンクの貼り付け方)を洗い出し、実行することで、Googleへの検索ランキング上位の獲得が見込めます。

2.リニューアル方法

ホームページをリニューアルする上での委託先は数多く存在します。そんな数多い委託先の中でも、業者への信頼性や制作物の担保などの視点から解説していきます。

ホームページリニューアル

2.1 専門会社に依頼する

ホームページをリニューアルするにあたり一番安心な方法がホームページ制作会社への依頼です。ホームページ制作の技術や、信頼性・現状のアクセス解析など、業界に特化している分、様々な課題点の洗い出しや課題店の解決に向けてクライアント様に親身になって対応してもらう事が可能です。

【専門会社に委託するメリットまとめ】

  • 依頼者と共にホームページ向上のサポートをしてくれる。
  • 納品後のサポートに充実している。
  • 会社なので安心して依頼する事ができる。

2.2 フリーランスへの発注依頼

フリーランスとは、会社ではなく個人で活動している人を指します。

WEB業界ではフリーランスで活動する人も多数存在しますが、そんなフリーランスへ委託する一番のメリットは「価格」です。

通常専門会社では、会社で活動している分、価格交渉が難しいのが現状です。しかしフリーランスでは個人で活動している分、依頼価格の交渉が行いやすいため、発注者の予算に合わせる事が可能です。

しかし、個人で活動してる分、制作技術の範囲が狭いことや、納期がかかってしまうなどの問題があります。

【フリーランスに委託するメリットまとめ】

  • 価格交渉をしやすい。
  • フットワークが軽いので柔軟な対応が可能。

2.3 自社で行う

最後に自社で行うという方法ですが、自社で行うには専門のエンジニアやデザイナーを採用しなくてはなりません。

専門のエンジニアを採用するには相応の売り上げや、定期的な業務が必要となります。しかし、自社でエンジニアを採用していることで、「改善点がすぐに見つかる」「業務効率が上がる」などと言ったメリットがあるため、自社で行うのも一つの方法ではないでしょうか?

【業務を自社で行うメリットまとめ】

  • 業務効率が上がる。
  • 問題点への早期発見が可能になる。

3.リニューアル前に確認すること

ホームページをリニューアルすると言うことは相応の理由があるはずです。

「デザインが古い」「WEBページからのインバウンドを強化したい」「自社のブランディングを図りたい」など理由は様々ですが、予め目的を確認した上でホームページリニューアルを行うことが大事です。

ホームページリニューアル

3.1 現状抱える問題点の把握

ホームページリニューアルは、ただ単に見栄えを変えるだけのものではなく、閲覧者に対して自社の情報発信を、以前よりも伝わりやすく行い、「売り上げの増加」「集客アップ」「認知度の増加」に繋げると言った目的があります。

現状あるホームページの見直しの機会として利用する事で現状の問題点が明確化し、それに対して具体的に何処を改善すれば良いかを把握する事が大切です。

3.2 SEO順位の確認

SEO(検索エンジン最適化)対策とは、「Googleでの検索時に上位表示されるようにするか」といった対策のことです。

大前提ですが、自社や店舗のホームページに多くの閲覧者を獲得するためには、検索順位をできるだけ上に表示させることが重要です。

ホームページのリニューアルはそんなSEO対策を見直すいい機会でもあります。

ユーザーに対し、より使いやすく、閲覧しやすい構造にする事や、内部リンクの設置の仕方を改善したりすることでGoogleでの検索順位の向上を高めることができます。

3.3 画像・入力コードの権利所在の確認

使用する画像や入力コードなどの権利の帰属場所は一体どこになるのかについては必ず確認しておくべき事項になります。

「ファイルは全て自社のものだと思っていたら制作会社に権利があった・・・」

「自社で画像やテキストが使えない・・・」

などといったリスクが十分に考えられるからです。

また、リニューアル前のホームページを依頼した会社と、今回のリニューアルに向けて依頼する会社が異なる場合、権利関係を明確にしておかないとトラブルになる場合があるので十分に注意しておきましょう。

尚、契約前には必ず権利の所在地がどちらにあるかを明確にしておきましょう。

最後に

ホームページリニューアルを適切に行う事で、デザインの向上やユーザーに対し好印象を持ってもらえることが期待できます。また「管理」「修正」に関する負担の軽減や、ホームページを管理する人に対し、使いやすいページに仕上げる事ができます。

本記事で、紹介したポイントを参考に理想のホームページリニューアルを行ってみていただけると幸いです。

最後に、実際リニューアルを行おうとした際に、思いがけない様な課題点が出てくる可能性があります。

Signumskyでは、クライアント様の課題に寄り添い、インターネットを通じ、最適な解決策で成果につなげます。
無料相談実施中ですので、お気軽にお問い合わせください。

Signumskyはこちら

お問い合わせはこちら