ホームページを開設・利用している会社が年々増えています。総務省「令和元年通信利用動向調査」によると2116企業のうち、89.7%の企業がホームページを開設していることがわかりました。

しかし、開設している企業は多いものの、ホームページを活用した集客が行えていない企業も多数存在します。

ホームページを名刺代わりとして活用し、更新しない方法もありますが、今やホームページの開設数は多いのが現状ですので、更新頻度が低いとどうしてもサイトの表示順位が下がってしまいます。よって、更新頻度の高いホームページが評価される傾向にあるため、ホームページの定期更新は集客する上で必要な作業でしょう。

無料で更新頻度を上げることができ、集客のための入り口を作る方法としてブログ機能があります。ブログ機能はホームページの価値を無料で上げることのできるツールですので、活用をおすすめします。

そこで今回は

  • 「ホームページとブログを組み合わせることで具体的にどの様なメリットがあるのか?」
  • 「ブログを併用することによるデメリットはあるのか?」
  • 「ブログとホームページの違いは何なのか?」

以上3点を中心にお話していきます。

サイトを定期更新しないデメリット

ホームページ ブログ

ホームページが定期的に更新されていない場合、様々なデメリットが生じます。

例えば、会社の新着情報が5年前でストップしているとすると、訪問者はどう思うでしょうか?

おそらく不安な気持ちになるでしょう。「会社が潰れているのではないのか?」「会社のイメージを上げる気はないのだろうか?」などいくつか不安が生じるでしょう。

また、Gooランキングによるアンケート調査によると企業のウェブサイトで困ってしまうランキングの1位として「情報が数ヶ月間更新されていないこと」が挙げられています。

その他、定期的なサイトの更新が行われないと、アクセス数の減少・検索順位の低下などのデメリットがあります。以上の様なデメリットを解決していくためには、ブログの様な定期更新ツールは必要不可欠なのです。

【メリット】ホームページ・ブログ

メリット ホームページ ブログ

ホームページにブログを組み合わせることによって、ホームページの更新頻度を上げることができます。

更新頻度を上げることで、常に最新の情報をサイト訪問者に提供できるので、ユーザーを不安な気持ちにさせることも無くなりますし、会社のイメージを上げるために様々な活動をアピールできます。

毎日サイトを更新する必要はなく、定期的な更新を行うことが大切です。その点ブログ機能は文章と画像を挿入して、投稿ボタンを押すだけですので、比較的簡単に定期更新に向けた対策が行えます。

また、ブログによる定期更新はSEO対策にも繋がります。なぜなら更新頻度の高いホームページは検索エンジンにクロールされやすく、コンテンツを充実させることで検索の表示順位に良い影響を与えることができるからです。

コンテンツを充実させるブログ機能は、ホームページの入り口を増やし、サイトへの集客を強化することができます

ブログ機能を利用するときのポイント

ブログをただ単に更新するだけでは、本来の効果を発揮できません。ここでは、ブログを運用していく上で意識すべきポイントを解説していきます。

ホームページの目的・ターゲットを明確にする

ホームページを運用する目的は何なのか。また、ホームページをどのターゲット層に見てもらいたいのかを明確にしましょう。不明確のままブログ運用を進めてしまうと、一体どの人に伝えているのかが分からなくなってしまいます。

まずはブログを読んでもらう人(ターゲット)を設定し、目的=コンバージョンを決めていきましょう。そうすることで初めてブログを運用するメリットが得られます。

更新頻度の高さに優れているWordPressを利用する

WordPressとは、CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)の一種で、簡単にブログ形式でコンテンツの追加や投稿が行えるツールです。

PHPやHTML/CSSなどの専門的なコードが書けない人でも、ホームページやブログを直感的に作成することができます。専門的な作業が省けますし、利用者世界一のWordPressはネットで検索すれば分からないことはほとんど解決できます。

「文字や画像の挿入」だけでホームページの更新作業が行えますので、WordPressを使うことによるメリットは大きいです。

SEO対策を意識する

SEO対策「Search Engine Optimization」の略で日本語で検索エンジン最適化と言われています。

ブログを書く際はターゲットを意識した情報を書き込んでいく必要があります。設定したターゲット層が求めている情報がブログで書ける様にリサーチし、ターゲット層が検索するキーワードを盛り込んでいきましょう。

検索キーワードや月間の検索数を調べるツールとしては、無料の場合Googleが提供している「キーワードプランナー」有料の場合は「ahrefs」がおすすめです。

記事の読みやすさが最も大事

文章をただ書き連ねるだけでは、読み手が見づらくなってしまいます。せっかく設定したターゲットユーザーが見に来たとしても、途中で読むのを断念してしまうかもしれません。

文章の塊をいくつか作って話題を分けたり、目次を作成して読みたい場所にすぐたどり着ける様にするなど、工夫の仕方は多岐に渡ります。

特に大事な点をまとめると下記の様になります。

  • 「見出し」を作る‥検索エンジンは「見出し」を重要視する傾向あり。
  • 目次を作る‥読みたいところまで導いてくれるため、ユーザービリティが上がる
  • 文章量が多い場合、画像をあいだに入れたり、空白を開けるなど、休みを入れる。
  • 所々、漢字をひらがなにする。⇨読み手のストレスを下げる。

サイトの分析ツールを利用する

定期的にコンテンツが充実してくると、サイトにも流入が増えます。サイトにどのくらいのアクセス数があるのか、どういった検索キーワードで流入が入ったのかを具体的に数字ベースで見る必要があります。

そんな時に使えるのがGoogle Analytics・Search Consoleです。

  • Google Analytics‥主にアクセス数やユーザーの特徴を見ることができるツール。
  • Search Console‥検索キーワード数・記事の表示回数やクリック数を見ることができるツール。

これらの分析ツールを使うことでサイトの課題や改善点を発見でき、記事をよりブラッシュアップできます。

【あわせて読みたい】

ホームページのアクセス数を解析する方法 | Googleアナリティクス編

ホームページとブログの違い

ホームページ ブログ 違い

ここまででブログとホームページを組み合わせることによるメリットをご紹介しましたが、具体的にホームページとブログはどういった違いがあるのでしょうか?

ホームページは商品サービス・会社の顔

まずホームページはお店の商品やサービス、会社の顔となるページです。

また、ホームページはインターネット上でお問い合わせ機能や商品・サービスの商品購入機能など、様々な用途として活用できます。デザインなども細部までこだわることができ、会社やサービスなどのイメージ向上を図ることも可能です。

ブログは情報発信機能

ブログはホームページ上で情報を発信できる機能を持ちます。定期更新も可能で、会社の活動や新商品のアピールとして活用できますし、ブログによって集客を強化することができます。

定期更新をしっかり行っていけば、会社のイメージアップも期待できます。ホームページとブログはこの様な違いを持ち、互いに力を入れることによって、インターネット上での効果を発揮します。

最後に

いかがでしたでしょうか。今回はホームページとブログを組み合わせることによる、集客効果を出す方法・違いについて解説しました。また、ブログを活用しないことによるデメリットや活用するメリットについてもご紹介しました。

集客に悩んでいる方、定期更新をしておらずホームページの表示順位が下がってしまった企業など、ぜひ当記事を参考にサイトを改善していただけたら幸いです。

またSignumskyではホームページのブログ機能カスタマイズなどサポートしていますので、依頼したい方はぜひお問い合わせまでご連絡くださいませ。

Signumskyはこちら